東京・雪谷の屋台のあるBAR「OVAL」の公式ブログです。OVAL(おおばる)とは楕円のこと。
自由が丘 屋台「oval」 本格始動
 ※お知らせ 再開発で取り壊しとなった雪が谷大塚駅前の乾杯横丁にあったBAR「OVAL」は、2012年2月に一時閉店、自由ヶ丘駅近くの大井町線沿いに移転営業しました。そのBAR「OVAL」が2012年8月11日土曜日に雪が谷大塚に再開店しました。最新記事を是非ごらんください。


 自由が丘 屋台「oval」 本格始動


  自由が丘屋台「OVAL」がプレオープン時と店内のレイアウトを変更、本格始動しました。 

  プレオープンから3週間が過ぎた月曜日に行ってみました。

  ↓ 外から見ると、何故か、あの美しい屋台がありません。

  オーバル自由が丘


  ↓ 中に入ると、すぐに答えが出ました。お店の入口にあった屋台は一番奥に移動していたのです。

  オーバル自由が丘


  ↓ 店内の奥の方の左手にあった、使われていないダムウェーター(昇降機)はお酒の倉庫になってました。

  オーバル自由が丘


  ↓ 見廻せば、様々な不思議なものが・・・やはり、ここは骨董店の中なのですね。

  オーバル自由が丘


  ↓ 絵もいろいろとあります。

  オーバル自由が丘


  ↓ なぜか海水の入った水槽もあります。何の為に・・・。

  オーバル自由が丘

 
  ↓ 美しい屋台の向こう側でマスターがお酒を作ってくれます。何故かサーフィンの板が飾ってあります。

  オーバル自由が丘


  この日いただいたのは、アサヒスーパードライ中瓶(500円)、角ハイボール(400円)、牛スジ煮込み(300円)、ハーパーハイボール(500円)。お会計は計1700円。

  店内はまるでサロンのようになってました。骨董店のオーナーとそのお友達たちが飲んでおられ、さらに若いカップルが入ってこられました。

  午後7時半から8時までの滞在。ずっと、店内の椅子には座らず、屋台前で立って飲んでいました。

  楕円生活者でした。

 (つづく)
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ