東京・雪谷の屋台のあるBAR「OVAL」の公式ブログです。OVAL(おおばる)とは楕円のこと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BAR「OVAL」乾杯横丁時代記事

 再掲載
 
 
BAR「OVAL」乾杯横丁時代記事
 


 楕円生活者です。

 BAR「OVAL」さんは、現在は東京都大田区南雪谷2丁目18-2で営業されていますが、創業の地は池上線・雪が谷大塚駅前の【乾杯横丁】という飲食店街の中でした。

 現在のBAR「OVAL」さんでお会いするお客様の中で、最近はこのことも、【乾杯横丁】があったことも御存知ない方が多くいらっしゃいます。そこで、このブログ「楕円生活の方法」の初期の【乾杯横丁】時代の記事へのリンク集を作ってみることにしました。

 中原街道側の階段を降りた場所から「乾杯横丁」のネオン看板(下写真)がよく見えました。

 オーバルへ 
 「乾杯横丁」「乾」の字が消えています。
 ゆえに、本当は「かんぱいよこちょう」なのに、「さかづきよこちょう」なんて言ってみたりして・・・。

 その後、「乾杯横丁」は再開発され、OVALさんも移転。
 13階建のマンションが建てられました。
 それでは、下記のリンク集をごらんください。よろしくお願いします。
 「乾杯横丁」時代のBAR「OVAL」さんも面白いですよ~。


ブログ「楕円生活の方法」乾杯横丁時代記事

 クリックで当時の記事へ

 雪谷にこんなバーがあった!
 (2012.1.8)

 雪谷 BAR「OVAL」へのアクセス
 (2012.1.11)

 雪谷 BAR「OVAL」の店内 その1
 (2012.1.13)

 雪谷 BAR「OVAL」の店内 その2
 (2012.1.14)

 雪谷 BAR「OVAL」は「乾杯横丁」にあり!
 (2012.1.17)

 雪谷 BAR「OVAL」は「乾杯横丁」から撤退!
 (2012.1.18)

 雪谷 BAR「OVAL」の伝説の「定食」
 (2012.1.20)




  【乾杯横丁】がどんな横丁だったのか、当時のOVALさんの外観、店内の様子など写真入りで見られます。是非、ご覧下さい。なお、乾杯横丁からOVALさんは自由が丘近くに一時移転しました。

  楕円生活者でした。



 雪谷大塚 BAR「OVAL」
 住 所 東京都大田区南雪谷2丁目18-2
 電 話 非公開
 営業時間 18:00~ (開店時間が変わる場合あり)
 定休日 日曜日
     (但し、月曜祝日の時は日曜を営業して月曜休、年末年始、連休なども営業する場合多し)
 アクセス 東急池上線雪が谷大塚駅下車徒歩3分。
     中原街道沿歩道を環八方面へ。TSUTAYA右手路地入る。
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

文化誌「街の手帖 池上線10」BAR「OVAL」店内イラストも
 
 
 
文化誌「街の手帖 池上線10」

 にBAR「OVAL」店内イラストも

 

 楕円生活者です。

 BAR「OVAL」さんが東急池上線沿線の文化誌「街の手帖 池上線10」で紹介されたことは、前回、お知らせしました。

 文章で紹介されているのは、22ページから25ページの「池上線の真ん中らへんのバーへ」という特集記事です。
  
  
  「街の手帖池上線」第10号 ←クリックすると詳細表示

 でも、その後、BAR「OVAL」さんで、MマスターIシェフと本誌をよくよく見てみると、もう一カ所、BAR「OVAL」さんが紹介されているのを発見したのです。第一発見者はIシェフ
 それは、「自分だけしか知らない街を、自分の中につくろう」という巻頭記事の中でした。(下写真)

 


 実は文章の中身ではなく、記事に使われていたイラストだったのです。BAR「OVAL」さん店内には巨大な洋風屋台がドーンと置いてあり、それがカウンターの役目をしているのです。その屋台のイラストだったのです。(下写真)

 作者は大村タイシさん、ずっと、街の手帖の表紙のイラストなどを描いていらっしゃる方です。

 


 イラストをさらによく見れば、右端に我らがMマスターのお姿があります。ビールサーバーから生ビールを注ごうとしているシーンでしょうか。(下写真)

 

 「街の手帖 池上線」はBAR「OVAL」さんの店内に第1号から第10号まで、バックナンバーもすべて備え付けてあります。ウイスキー片手に、池上線情報を読むのも良いと思います。
 
 皆さん、是非、本物の屋台も見に来てください。
 

 「街の手帖池上線」は下記の各店でも買えます。よろしくお願いします。

 三州堂書店 本店(雪が谷大塚)
 藤乃屋書店(御嶽山)
 BOOKS井上(石川台)
 井上書店(洗足池)
 BOOKS一二三堂(蒲田)
 ブックファースト(レミィ五反田店・大井町店・アトレ大森店・自由が丘店)
 島津山書店(五反田)
 草思堂書店(荏原町)
 たま書店(矢口渡)
 ジュンク堂書店(池袋本店ほか)

 その他、池上線沿線の特約店にて取り扱い中とのこと。


 定期購読、バックナンバー御購入についてはコトノハ/街の手帖編集部のサイトをご覧ください。

  街の手帖 池上線6 「沿線文化が花開く 池上線沿線「本」物語。」
  街の手帖 池上線7 「本の街 池上線」と、本にまつわるエッセイ。」
  街の手帖 池上線8 「洗足池・石川台・雪が谷大塚「わたしの街歩き2014」」
  街の手帖 池上線9 「お昼休みはウキウキ 池上線沿線ランチ特集」

 よろしくお願いします。

 楕円生活者でした。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

文化誌「街の手帖池上線」10にBAR「OVAL」が載りました
 
 
 
文化誌「街の手帖 池上線10」

 にBAR「OVAL」が載りました

 

 楕円生活者です。

 BAR「OVAL」さんは東急池上線の雪が谷大塚駅近くにあります。
 東急池上線沿線のことを紹介している文化誌「街の手帖 池上線10」BAR「OVAL」さんが紹介されました。

 BAR「OVAL」さんの最寄りでしたら、雪が谷大塚駅西口の近く、東急ストア脇の三州堂書店本店さんで売っています。
 本体価格273円。お店の入口に告知ポスターも貼ってあります。

  雪が谷大塚三州堂書店本店
  雪が谷大塚駅西口 三州堂書店本店

 第1号から第9号までのバックナンバーがすべて並んだ右端に最新刊が並んでます。
 なお、「街の手帖 池上線」は隔月刊です。

 22ページから25ページの「池上線の真ん中らへんのバーへ」という特集記事での紹介です。
  
  
  「街の手帖池上線」第10号 ←クリックすると詳細表示

 なお、「街の手帖池上線」は下記の各店でも買えます。

 三州堂書店 本店(雪が谷大塚)
 藤乃屋書店(御嶽山)
 BOOKS井上(石川台)
 井上書店(洗足池)
 BOOKS一二三堂(蒲田)
 ブックファースト(レミィ五反田店・大井町店・アトレ大森店・自由が丘店)
 島津山書店(五反田)
 草思堂書店(荏原町)
 たま書店(矢口渡)
 ジュンク堂書店(池袋本店ほか)

 その他、池上線沿線の特約店にて取り扱い中とのこと。


 定期購読、バックナンバー御購入についてはコトノハ/街の手帖編集部のサイトをご覧ください。

  街の手帖 池上線6 「沿線文化が花開く 池上線沿線「本」物語。」
  街の手帖 池上線7 「本の街 池上線」と、本にまつわるエッセイ。」
  街の手帖 池上線8 「洗足池・石川台・雪が谷大塚「わたしの街歩き2014」」
  街の手帖 池上線9 「お昼休みはウキウキ 池上線沿線ランチ特集」

 あの、丸善の子会社であるジュンク堂書店やトーハンの100%出資子会社のブックファーストなど、大手書店でも売っているんですね。びっくりです。

 よろしくお願いします。

 楕円生活者でした。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。